水道水に含まれる成分一覧

水道水に含まれる成分ってどんなもの?

水道水の中には、天然水やミネラルウォーターと同様に、身体の健康に必要とされるミネラル成分が含まれています。詳細には、それぞれの自治体にある水道局によって異なりますが、だいたい共通しているものして、「カルシウム」や「マグネシウム」のほか、「ナトリウム」や「カリウム」といった4種類のミネラルが挙げられます。

1984年に旧厚生省によって発足した「おいしい水研究会」では、水道水1Lあたり、蒸発残留物として主にミネラルが30~200mg含まれていることを美味しい水に必要な条件のひとつとして定義しています。具体的にそれぞれのミネラルの効果について確認していきましょう。

「カルシウム」の効能

魚や乳製品などに含まれていることでよく知られるカルシウムは、私たちの身体の歯や骨を形成するのに必要な栄養素です。大人一人あたりの全体重のうち、約1.5%から2%を占めるといわれており、人体に含まれるミネラルの中で最も多いと言われています。カルシウムは、血中に含まれることで、焦燥感や緊張を緩和したり、動脈硬化や高血圧の予防をする働きも兼ね備えています。

「マグネシウム」の効能

マグネシウムは、カルシウムと同様に骨の代謝を助ける栄養素です。成人の場合、体重の0.1%程度相当のマグネシウムが体内にあるといわれており、その50%から60%程度は骨や歯の中に蓄積されています。そのほか、臓器内や筋肉、血液中に存在することで、筋肉が正常に働くようにサポートしたり、動脈硬化や心筋梗塞を予防する働きもあります。

「ナトリウム」の効能

ナトリウムは、食生活の中で食塩として摂取する機会も比較的多い栄養素で、体内の酸とアルカリのバランスを調節したり、神経の機能や筋肉の収縮を正常な状態に保つ役割を担っています。さらに、食事などにより様々な栄養素が体内に摂取・消化された後、それらが小腸から血液の中にスムーズに溶け込めるようサポートする働きも持ち合わせています。

「カリウム」の効能

カリウムは、ナトリウムとともに体内の各細胞の浸透圧を一定に維持する働きを担っており、高血圧を予防する効果があります。もし、ナトリウムを過剰に摂取した場合でも、カリウムの働きにより、余分なナトリウムを体外に排出して血圧を下げてくれます。カリウムが不足すると、疲労やめまいなどを起こしやすくなると言われています。